エネファーム






ガスワン

家庭用燃料電池エネファーム

私たちの暮らしは石油などの化石燃料を消費することにより成り立ってきました。しかしエネルギー資源には限りがあります。また、大気汚染や地球環境などの環境問題も取り組まなければなりません。限りある資源を効率的に使い、環境への負担も少ないエネルギーシステム「エネファーム」。
あなたと地球がハッピーであるために、新しいエネルギーとの付き合い方をご提案いたします。

エネファームとは

「エネファーム」とは、「エネルギー」と「ファーム=農場」の造語です。
水と大地で農作物をつくるように、水素と酸素から電気と熱をつくる。自分のエネルギーを自分でつくるというこれからのエネルギーの考え方を、ファームという世界観により表現しました。「家庭用燃料電池=エネファーム」は地球環境にやさしい効率的なエネルギーシステムです 。



エネファームの仕組み

水(H2O)に電気を通すと水素(H)と酸素(O)に分解されます。エネファームはその逆の原理でLPガスから「水素」を取り出し、空気中の「酸素」との化学反応で電気をつくり、このとき発生する熱でお湯を沸かします。
エネファームは、「発電ユニット」と「貯湯ユニット」で構成されています。


① 燃料処理装置
LPガスから水素を取り出します。これを「改質」といいます。
② 空気供給装置
空気中の酸素を燃料電池スタックに供給します。
③ 燃料電池スタック
取り出された水素と供給された酸素の化学反応により、直流電気を発生させます。
④ パワーコンディショナ
燃料電池スタックで発電した直流電気を交流に変換。電力会社からの電気連係するための機能も備えています。
⑤ 排熱回収装置
電気を作るときに出た熱を回収し、約60度のお湯を作ります。
⑥ 貯湯槽
排熱によってつくられたお湯を貯めておきます。
⑦ バックアップ給湯器
万一、貯湯槽のお湯では足りなくなった場合、この給湯器で加熱してお湯を供給します。



CO2 削減量と発電効率

CO2 削減量

エネファームは、従来の化石燃料を燃やして発電する方法と違い、水素と酸素の化学反応によって発電するため、大気汚染の原因物質、窒素酸化物「NOx」や硫黄酸化物「SOx」はほとんど発生しません。
エネルギー効率が高く、従来のエネルギーシステム(火力発電のエネルギーと従来の給湯器を使用した場合)に比べて、地球温暖化の原因となっているCO2 の排出量を大幅に抑えることができます。
従来のエネルギーシステムからエネファームに切り替えるとCO2 の排出量が年間1,100kg削減となります。これはCO2 排出量約30%の削減量で、杉の木約80本分が1年間に吸収するCO2 量に 相当します。
※CO2 の排出量をLPガス0.0587kg-CO2 /MJ・電力0.69kg-CO2 /kWh、杉の木1本分のCO2 吸収量は、林野庁資料より、約14kg/年としています。
出典:定置用燃料電池大規模実証事業における当社機の運転データより


発電効率

従来のシステムは発電所からご家庭に送電されるまでに「送電ロス」が生じています。
エネファームは、ご家庭で電気をつくるため「送電ロス」がなく、同時にいままで排熱として捨てられていたエネルギーもお湯を沸かすエネルギーとしてしっかり活用します。電気をつくりながらお湯を貯めて、使用のときに備えています。
万一、貯湯槽のお湯が足りなくなっても、バックアップ給湯器があるのでお湯切れの心配はありません。

設置事例

一般戸建、設置事例のご紹介です。

ガスワン

埼玉県 O邸 2008年11月設置

ガスワン

埼玉県 T邸 2009年2月設置





PAGE TOP