報道関係各位

新岡山太陽光発電所メガソーラー事業について

株式会社サイサン
2017年2月16日

常日頃は、格別なるご高配を賜り、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。
 さて、株式会社サイサン(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:川本武彦)は伊藤忠商事株式会社、芙蓉総合リース株式会社、森和エナジー株式会社との共同事業となる「新岡山太陽光発電所」の商用運転を開始し、本日竣工式を執り行いましたので、ここにお知らせいたします。

 本発電所は大規模メガソーラーとして、岡山県岡山市内の土地を活用し、発電出力約3万7000キロワットの発電事業を行います。年間予想発電量は約4,300万キロワット時と、一般家庭約7,600世帯分の年間消費電力量に相当します。

 当社は引続き、再生可能エネルギーの普及推進を通じた環境保全と地域の発展に貢献して参ります。




事業主 新岡山ソーラー株式会社
出資比率 伊藤忠商事株式会社 50%
芙蓉総合リース株式会社 25%
エネワンソーラー株式会社(株式会社サイサンと森和エナジー株式会社の共同出資会社) 25%
施工業者 株式会社東芝(EPC工事)
株式会社大林組(土地造成工事)
建設地 岡山県岡山市
発電規模 約3万7,000キロワット


PAGE TOP